米国大使館の農水官との打ち合わせ

海士町から東京に戻り、翌日パット市長は帰国しました。
セントポール島は、ポートヘイデン村よりも遠く交通の便が悪いので1日早い日本出発となりました。

ポートヘイデン村のみなさんは、もう1日余裕がありその日は米国大使館の農水官は宿泊しているホテルに訪ねてこられました。


左手前 アラスカ物産青木、奥は米国大使館スティーブ氏、右手前 ポートヘイデン村のゲルダ氏

米国大使館として、今回のCASセンターの取り組みをできる限り応援し、スムーズに進むようサポートしてくれるようです。

産業が根付き、過疎を食い止め、先住民としてその地に住み続けることは、連邦政府としても望んでいることなのかもしれません。

関連記事

  1. クリアアラスカングレイシャルのCEOグレッグ氏来日
  2. 2015年 独立記念日のイベント
  3. サンケイリビングのイベントに参加 椿山荘にて
  4. アラスカの先住民団体の来日
  5. 2015年年末、ユーコン川で獲れたヤツメウナギが届きました。
  6. アラスカの先住民団体の来日 海士町への訪問
  7. 2016年5月、アメリカ大使主催のイベントに参加
  8. Fish 2.0 2015年ファイナリスト!

プロジェクトの報告

PAGE TOP