【読むときは注意】アラスカ先住民の村のトイレの事情。

2013年10月、アラスカの先住民のある村から衝撃的な写真が届く。
※ 排泄物に関することなので、読む際は注意してください。

彼らの家にはなんと・・・下水が整備されてない。
アメリカという世界で一番進んでいる国の話とは思いませんでした。

トイレはどのようになっているかといえば、水洗でもなく汲み取り式でもなく。

バケツのようなものに、便座をかぶせ置いてあるだけ。
彼らは愛称をこめ「ハニーバケット」と呼んでいます。
IMG_5994_crop

そのバケットの中に、ある程度溜まると、集積場のようなところに持っていく。

img_6014

img_6029

先住民の村には田畑はないので、肥料ではなく自然に返します。
img_6039

img_6091

村々が点在し、インフラの整備が難しい。
また冬は配管の凍結なども問題になるのかもしれません。

過疎してしまう理由がなんとなくわかります。

関連記事

  1. 初めてのアラスカ訪問のまとめ
  2. アラスカの漁師たちと
  3. 2015年 アラスカ訪問
  4. アラスカのポテトチップス工場を訪問
  5. ユーコン川流域の人々
  6. アラスカの先住民の会議に出席
  7. ポートヘイデンのゲルダさんと再会
  8. クリアアラスカングレイシャルとの出会い

プロジェクトの報告

PAGE TOP