1万年以上前の氷河期の環境とは

アラスカはアメリカの国土になりまだ100年も経っていません。
そのため多くの手付かずの自然がアラスカには残り、その雄大な自然はアメリカの財産として大切にされ、州・国の法律 により 守られています。

アラスカほど自然に敬意を表し環境保護を実践している地域は少ないでしょう。
広大なアラスカの土地の多くは国や州の管理下にあり、民間人が自由に取引できる土地の面積は1%ほどで、豊かな自然野性動植物の魅力を残すため、アラスカ州は積極的に法案をつくり保護にあたっています。

氷河が生まれた時代

最も新しい氷河期はおよそ7万年前にはじまり1万年前に終了したといわれています。

最終氷期と呼ばれる氷河期で、アラスカの大部分が氷河で覆われていました。
人類は石器時代で火を起こし始めたあたりで、世界の人口も1000万人程度と研究されています。

当時の大気はとてもきれいで、酸性雨や大気汚染といった問題は一切ありません。

また氷河は酸素を多く含むので、氷河の塊は青く透き通っています。
氷河は、とてもきれいな大気の水分が凍結してできています。

氷河が水源になっている水

エクルートナ氷河は人の手により汚される前の大気が、氷河となり、圧縮されることで出来上がる純度の高いピュアな氷です。

そんな氷河を水源にしているお水があります。

Clear Alaskan Glacial」

Glacier to Glass~氷河がグラスによみがえる

「Clear Alaskan Glacial」の水源は「氷河」です。
25000年前にできたエクルートナ氷河より採水し 外気に触れることなくボトリングしたきわめて珍しい氷河の水です。

cag

成分 500mlあたり

カロリー 0kcal
たんぱく質 0mg
脂質 0mg
炭水化物 0mg
ナトリウム 1.5mg
カルシウム 13mg
マグネシウム 1.95mg
硬度 79mg/L (軟水)
pH値 7.9-8.1

高い安全基準

誰もが安心して飲める水。
水源地のアメリカ合衆国は、国土が広く、また多くのライフスタイルがあります。 そのため、ヨーロッパや日本よりも高い安全基準を持ちます。

アメリカの基準では、オゾン殺菌を推奨しています。

口を付けて直接飲んだミネラルウォータは、できるだけ、短時間のうちに全部飲まなければ雑菌が繁殖します。
オゾン殺菌をしたとしても、開封をしますと雑菌は繁殖します。

最先端の安全処理

オリッピンクのプールでも使われる最新のオゾン殺菌技術。

オゾンは酸素の原子が3つくっついた物質で、不安定であるため、時間とともに分子構造として安定する酸素(酸素分子が2つ)に戻る性質があります。
オゾンから放出された酸素原子(1つ)は、有害な細菌の細胞そのものを死滅させます。その力は、塩素よりも強い。
もしも、菌がいない場合は時間が経つと原子同士結合し酸素となるため安全性も高い。

安全と殺菌を兼ね備えた新しい技術がクリアアラスカングレイシャルに使われています。

日本よりも厳しい安全基準

ミネラルウォーターとして販売するためには、各国で定められた水質基準を満たさなければいけません。
クリア・アラスカン・グレイシャルはアメリカと日本の検査を通った水です。

アメリカは、日本で規制のない「亜硝酸塩」や「硫酸塩」のチェックも行われます。 日本のミネラルウォーターの基準数値は日本の水道よりもゆるいです。

日本よりも厳しい基準
ミネラルウォーターとして販売するためには、各国で定められた水質基準を満たさなければいけません。
クリア・アラスカン・グレイシャルはアメリカと日本の検査を通った水です。

アメリカでは日本で規制のない「亜硝酸塩」や「硫酸塩」のチェックも行われます。 実は日本のミネラルウォーターの基準数値は日本の水道よりもゆるいです。

seibun

この7項目だけ見てもアメリカのミネラルウォーターの製造基準は厳しいです。

特に毒性の高いヒ素を比較すると日本のミネラルウォーターが最も基準がゆるく、アメリカの基準の25倍もあります。
アメリカの飲用水は非常に厳しい基準で作られています。

氷河が、グラスによみがえる

エクルートナ氷河は、研究により少なくとも1万年以上前にできたことがわかっています。

全く汚染のない当時の自然のままにできた氷河が、グラスによみがえります。
「氷河の水」はボトルドウォーターです。

世界でも珍しい「氷河の水」は、 一般的なナチュラルミネラルウォーターという表記ではなく「ボトルドウォーター」となります。
ミネラルウォーターの基準は「地下水」であることが条件のため、 一度も地中に入っていない「氷河の水」は 地上にある水であるがゆえに「ボトルドウォーター」に分類されます。

※ ミネラルを加える、pHの調整などは行っておりません。

氷河の水の実験

クリアアラスカングレイシャルと、東京の水道水で紅茶の浸透を比較。
実験は常温で行い、5秒=>1秒にしています。

水道水と比較して、とても早く浸透しているのがわかります。

クリアアラスカングレイシャルと、東京の水でカイワレの成長を比較、1時間=>1コマにしています。

夜間はカットしています。成長の勢いが違います。

氷河の水 購入はこちら
氷河の水 特設サイトはこちら

関連記事

  1. 温暖化と氷河がとけるスピード

プロジェクトの報告

PAGE TOP