1. 野生動物についての相談

    アメリカには、野生動物の保護・管理を行う機関があります。「アメリカ合衆国魚類野生生物局」United States Fish and Wildlife Serviceで、通称「FWS」と呼んでいます。自然が豊富なアラスカにも当然FWSの事務所があります。そこを訪ねてみることが…

  2. アラスカ州選出の上院議員秘書との打ち合わせに

    Fish2.0の反響があり、ぜひアラスカに来てビジネスができるのかその確認で急きょ渡米することになりました。まず、上院議員の秘書とお会いしました。アラスカ州から選出されている上院議員は2名いて、その2名の秘書との打ち合わせです。先住民の村々の地理的不利と地方創生に…

  3. Fish 2.0 2015年ファイナリスト!

    11月10日、11日の2日間スタンフォード大学で行われた 「Fish2.0」という持続可能な水産ビジネスコンペのイベントのファイナリストに、私たちのアメリカで活動するチームが選ばれました。ファイナリストの団体としてプレゼンも行いました。結果として支援を直接受けることはできませんでした…

  4. 野生動物が多くいる街

    今回、漁師の船に乗ることが多かったので、なかなか見ることができない野生の動物を見ました。白頭鷲(たぶん)沿岸では、野鳥とアシカと魚の食物連鎖の状況を見ることができました。いきなり水面にいた鳥が食べられました。海藻に隠れる小魚を求め、アシカや鳥が…

  5. ホーマーを訪問

    ホーマーでは、市を挙げてCASセンターの建設を検討するとのことで訪問しました。ホーマーはキナイ半島にあり、アンカレジから車で行くことができます。巨大なハリバットが釣れる場所でも有名で、スポーツフィッシュがとても盛んです。施設の建設予定地があり、特殊冷凍CASを…

  6. アラスカの漁師たちと

    プリンスウイリアム湾で漁業をしている、漁師の団体と会うことができました。中心になっているのはロシア正教の移民として、アラスカで自給自足をしているグループ。ロシアを追われ、世界を転々として、今はアラスカに住んでいる人々です。移民ということで、全くの保証もなくかなり勤勉です。今回…

  7. ポートヘイデンのゲルダさんと再会

    アラスカでは久しぶりにポートヘイデンの人たち、BBEDCのノーマンさんと再会しました。わざわざ渡米にあわせ、アンカレッジに来てくれていました。ポートヘイデンの状況は、現在施設の建物の建設中。僻地のため資材を運んだりするだけでも結構大変。さらに食品施設としての許可を…

  8. 2015年 アラスカ訪問

    この夏は、ABI社の大和田社長と共にアラスカを回ることになりました。今回は漁師、水産場を作る予定の自治体、先住民の各団体とお会いすることになりました。アラスカの水産業の可能性と、特殊冷凍を利用することで広がる可能性を一緒に考え、検討するためです。またポートヘイデンの進捗も確認するため…

  9. 2015年 独立記念日のイベント

    毎年独立記念日のレセプションイベントが、アメリカ大使公邸、各地領事館で行われます。今年もお水の提供と東京の大使公邸のイベントに招待いただきました。参加できなかった名古屋の領事館から、お礼のお手紙をいただきました。…

  10. デヴィッド・グリーンさん来日

    私たちの活動をアラスカで聞きつけた、社会起業家デヴィッド・グリーンさんが来日しました。日本で名前を知っている人はほとんどいないと思います。デヴィッド・グリーン白内障の治療をできる限り安価にして、発展途上国でも受けられるようにした方です。白内障は、水晶体が濁って、視力が低下…

PAGE TOP